三重県の接骨院・整骨院・ほねつぎなら信頼の公益社団法人三重県柔道整復師会へ

RSS

第50回東海学術大会愛知大会


 平成27年12月6日(日)名古屋市の「ウインクあいち」において、(公社)日本柔道整復師会第50回東海学術愛知大会が開催されました。
 開会式後A会場では一般公開講座として、愛知県がんセンター 名誉総長 二村雄次先生をお招きし『最近のがん医療とがん対策』と題する特別講演がありました。
 午後からは会員研究発表が行われ、10題の研究発表がありました。本会からは桑名地区の片岡大輔会員が『野球肘に対する一考察』を発表しました。これは野球肘の患者について、ポジション・年齢・負傷部位等を調査・検討し二つの症例を挙げ経過を説明、安静時でもストレッチや等尺性筋収縮運動、疼痛部位以外の筋力訓練をすることが早期復帰には有効であったと報告。考察として特に10歳~13歳の骨端線閉鎖前で活動が活発になる年代では損傷しやすいため、骨端線が閉鎖する時期までは指導者は適切な投球動作の指導・定期的なチェックの必要性を強く訴えました。
 続いて日整セミナー介護関連講習会『2015・柔道整復師と介護保険について』を(公社)日本柔道整復師会 保険部介護対策課 川口貴弘先生にご講演いただきました。
 B会場では午後から東海地区養成学校の学生による『学生研究発表』が口頭発表にて行われ8題の研究発表がありました。
 最後に表彰式があり、次年度主管県の鹿野道郎(公社)岐阜県柔道整復師会会長の閉会の辞で終了しました。
2015-12-08 23:26:33

平成27年度 三重県社会人柔道大会


 平成27年11月1日(日)三重武道館において、平成27年度・三重県社会人柔道大会が開催されました。
 大会初参加となる本会からは、大将 川﨑洋平会員(五段)、中堅 橋爪良太会員(五段)、先鋒 岡崎修一会員(弐段)、が出場し優勝を目指しました。
 グループ予選の初戦、四日市柔道同好会Bチームと対戦し3-0で勝利。続いて決勝リーグ進出を賭け中央柔道クラブAチームと対戦、1-1(内容負け)と惜敗しました。
 三重刑務所が優勝し、名張いきいきが準優勝、三位は中央柔道クラブA でした。
また、大会中は会場にボランティア活動として本会救護班も待機し、2名の負傷者に対し救護活動を行いました。
2015-11-01 23:36:26

平成27年度県民公開講座・第20回学術保険研修会


平成27年9月27日(日)午前10時から、アスト津において平成27年度 県民公開講座・第20回学術保険研修会が開催され、本会会員132名・本会会員施術所職員3名・社団外35名・保険者6名・一般20名が参加しました。
 午前は本会片岡大輔会員による『野球肘に対する一考察』の研究発表に始まり、続いて本会中村明彦保険部長による保健指導、本会伊藤宣人会長による自賠責保険の現状について説明がありました。
 続いて県民公開講座へと移り、第一部は『介護保険と高齢者について』を津中部北地域包括支援センター 管理者 岡部充代先生に大変分かりやすくご講演いただきました。
 午後からの第二部は東京練馬光が丘病院 傷の治療センター 科長 夏井睦先生をお招きし『新しい創傷治療』と題し、やけどや創傷の革新的な治療法についてご講演いただきました。講演後には参加者からの質問にも丁寧にお答えいただき大変盛り上がりました。
 続いて保険集団指導へ移り全国保険協会三重支部、三重県国民健康保険団体連合会、東海北陸厚生局三重事務所より療養費についてご指導いただきました。
参加者は時よりメモを取りながら終始熱心に耳を傾け、非常に沢山の情報を持ち帰りました。
2015-09-29 09:01:27

第3回公開柔道練習


 平成27年9月6日(日)午後3時より約2時間、高田高校武道場において、本会会員10名、県内の小学生・中学生・高校生65名、各道場の指導者10名の85名の参加により、第3回公開柔道練習が開催されました。
 10月に東京で開催される日整全国少年柔道大会・日整全国柔道大会前の最後の公開練習とあって、特に出場選手はケガの予防に心がけ入念な準備体操・基礎運動を行う姿が印象的でした。その後、立ち技の打ち込み及び乱取り稽古に移り汗を流し、充実した公開柔道練習となりました。
2015-09-08 14:49:52

平成27年度 第1回救急救命講習会


平成27年8月23日(日)、津市中消防署において午後1時から4時まで平成27年度第1回救急救命講習会が開催され、本会会員20名が受講しました。
 本会は三重県知事と大規模災害に備えた『災害時の柔道整復師救護活動に関する協定』を締結しており、この協定に基づく救護活動に対応した普通救急救命講習でした。

 講習では救命ガイドラインの現状・一次救命処置の流れ・止血法・異物の除去等の説明を受けた後、二組に分かれて実技に移り、傷病者発見から心肺蘇生法、AED操作法までをじっくり時間をかけてご指導いただきました。また講習の合間には指導の救急救命士より細かいアドバイスや、出動現場の状況なども聞かせていただき非常に参考になりました。
 講習後『普通救命講習修了証』が受講者に交付され終了しました。
2015-08-20 14:15:11

前へ 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 次へ