三重県の接骨院・整骨院・ほねつぎなら信頼の公益社団法人三重県柔道整復師会へ

RSS


第10回柔整師杯東海少年柔道選手権大会
第3回東海少年柔道形競技会

 平成25年7月21日(日)午前10時30分から愛知県武道館において、第10回柔整師杯東海少年柔道選手権大会が開催されました。開会式後、試合開始され各県より選出された4・5・6・年生、男・女6部門の個人戦で、選手は頂点を目指しました。
 各県上位選手の試合とあってレベルが高く、会場内は指導者・保護者等の熱い声援でつつまれました。


 三重県からは5年生の健闘が目立ち、男子では新井総馬選手が優勝、加藤公央選手が準優勝、岡和摩選手が三位とベスト4に3名が入り、女子では井本千晴選手が準優勝と大活躍しました。
 続いて第3回東海少年柔道形競技会が開催され、東海西部(岐阜県・三重県)の競技会では三重県代表の(取)浦上茜選手・(受)徳和麟太郎選手が選出され、10月に開催される第3回日整全国少年柔道形競技会への出場を決めました。

2013-07-24 14:45:04

第9回柔整師杯東海少年柔道選手権大会


平成24年8月19日(日)午前10時30分より、三重県営伊勢サンアリーナにおいて、第9回柔整師杯東海少年柔道選手権大会が開催されました。


開会式では永田官久大会会長より「日々の鍛錬を充分にこの試合で発揮し、この次の次くらいのオリンピックにはこの中から選手がもし出られるのであれば、我々は本当に嬉しいことですし、この大会を運営する立場でもありがたいと思っております。日頃の実力を発揮しケガの無い、いい試合を見せていただきたい」と挨拶がありました。
来賓祝辞後、三重県の大西陸斗選手・並木玲阿選手の力強い選手宣誓後、各県の大会を勝ち上がった各部門上位4名の合計16名による小学4・5・6年生男女別体重無差別個人戦が開始されました。見事な一本勝ちもあれば、実力拮抗した好試合も多く旗による僅差の判定も見受けられました。
三重県からは、6年生男子で大西陸斗選手が優勝、井本龍星選手・山村陸斗選手が三位、5年生男子で山口隆乃選手が準優勝、5年生女子で山本実希選手が三位、4年生男子で新井総馬選手が準優勝、中村将大選手・加藤公央選手が三位、4年生女子で伊勢谷晏未選手が優勝と大健闘でした。

2012-09-28 15:47:41

柔整師杯第7回東海ブロック少年柔道選手権大会平成22年8月8日


2012-02-03 21:07:13

第8回柔整師杯東海少年柔道選手権大会








平成23年7月24日(日)浜松市浜北総合体育館で、第8回柔整師杯東海少年柔道選手権大会が開催されました。各県の大会を勝ち上がった各部門上位4名の合計16名により、小学4・5・6年生の学年・男女別体重無差別個人戦6部門でトーナメント戦が繰り広げられました。さすがに各県の大会を勝ち上がって来た選手達の試合だけに、白熱した僅差の判定となった試合が、多く見受けられました。三重県からは、6年生男子の部で山科良悟君が優勝、5年生男子の部で磯部昂佑君が準優勝、弓矢健奨君・井本龍星君が三位と大健闘しました。



2012-01-30 23:43:07

前へ 1 2