三重県の接骨院・整骨院・ほねつぎなら信頼の公益社団法人三重県柔道整復師会へ

RSS

第1回勉強会



 平成30年7月22日(日)午後3時より第1回勉強会が本会会館で開催され、27名(会員21名・勤務柔道整復師6名)が参加しました。
  第一部は、解剖学、体表解剖学、超音波解剖学に基づいた筋損傷の病態評価~アキレス腱炎やシンスプリントに関与する筋を中心に~と題し、ロコモペイングループ 共同代表・体表解剖学研究所 講師・伊賀リハビリライフサポート(株)代表であり本会伊賀地区会員の堀智秋会員にご講義頂きました。
 先ずは、脛骨に付着する腓腹筋、ヒラメ筋、後脛骨筋の解剖学的情報・触察法を、スライドやモデルに対し図示・投影しながら説明していただきました。参加者もペアになり積極的に質問しながら図示・投影し、体表上で確認しました。  最後にエコー画像でシンスプリントの圧痛の位置確認等を行い終了となりました。
 第二部は、『自賠責、被害者請求について』と題し、伊藤会長から、一括請求のデメリット、被害者請求の方法等について詳しく説明していただき、最後に質疑応答で締めくくりました。

 

 
2018-07-23 13:15:29

第24回東海4県役員合同協議会



 平成30年7月1日 (日) 午後2時から愛知県柔道整復師会館において、第24回東海4県役員合同協議会が開催されました。
 森川伸治 東海ブロック会会長が挨拶をされた後「柔道整復師制度及び教育制度の改革について」と題して、昨年10月に施行された改正点について、今回の療養費の算定基準の一部改正について、柔道整復師養成学校について等々説明をされました。引き続き伊藤宣人 三重県会長が「療養費の推移について」と題して、柔道整復師数の推移、他業種との療養費の比較、医療費の推移、療養費の今後について等々説明をされました。その後の質疑応答では、保険者から柔整師への受診抑制を目的とした被保険者の紹介事例について意見が交わされ、日整保険部が取りまとめ厚労省へ報告するために、各社団で内容を精査し保険部に報告していただきたいとの説明があり、協議会は締めくくられました。
 その後、米田病院院長の米田實先生が挨拶をされ、情報交換会が始まりとても有意義な時間となりました。

 

 
2018-07-03 17:16:52

第65回定時総会・第18回協同組合通常総会




 平成30年6月10日(日)午前9時30分から、アスト津において第65回定時総会・第18回協同組合通常総会が開催されました。
 第65回定時総会は、服部和人副会長の開会の辞、伊藤宣人会長挨拶後、総会に移り議長に亀山功行会員、副議長に久保田宏樹会員が選出され議事に入りました。第1号議題:平成29年度事業報告と計算書類の承認について、第2号議題:定款及び規定の一部改訂の承認について、上程された全ての議題が慎重な審議の上、賛成多数で承認可決されました。続いて報告として第1号報告事項:平成30年度事業計画について、第2号報告事項:平成30年度収支予算について、第3号報告事項:新入会員紹介と進み、山出美材副会長の閉会の辞で総会は終了しました。
 引き続き、第18回協同組合総会が開催され山出美材理事長挨拶後、総会に移り議長に久保田宏樹組合員、副議長に亀山功行組合員が選出され議事に入りました。第1号議案 平成29年度事業報告、財産目録、貸借対照表、損益計算書及び損失処理案について、第2号議案 平成30年度事業計画(案)及び収支予算(案)について、第3号議案 賦課金の額並びに徴収方法について、第4号議案 役員報酬決定について議論され、全ての議題が賛成多数で承認可決され滞りなく終了しました。 

 

   
 

2018-06-12 13:51:11

第1回公開柔道練習



 平成30年6月3日(日)高田高校武道場において、第1回公開柔道練習が開催され、本会会員11名が参加しました。
 午後3時より柔道指導公開練習が開始され入念な準備運動の後、寝技・立ち技の乱取り稽古を行い時折会員による熱心な指導もあり、皆で気持ちいい汗を流し、この日の練習を終えました。

 

 

2018-06-04 12:39:23

第23回柔整師杯県下少年柔道大会・第4回柔整師杯県下少年柔道形競技会



                   

   平成30年5月13日(日)名張市武道交流館いきいきにおいて、『第24回柔整師杯県下少年柔道大会』『第5回柔整師杯県下少年柔道形競技会』が開催されました。
 午前9時30分古市博己柔道部長の開会の辞、伊藤宣人会長挨拶、ご来賓の挨拶、6年生の相澤燎選手・濱仲千晴選手による選手宣誓後、『第5回柔整師杯県下少年柔道形競技会』が開催されました。県内8地区より7組が参加し「投げの形」の演技を行いました。その後『第24回柔整師杯県下少年柔道大会』に移り県内の道場・柔道教室から238名が参加し小学4・5・6年生男女別による個人戦6部門で頂点を目指しました。
試合が開始されると、会場内は保護者や指導者の盛んな声援で熱気につつまれました。
 救護の部門では、本会救護班に加え、伊勢慶友病院院長 脳神経外科医 堂本洋一先生にお越しいただき、救護活動を担当していただきました。
 今回の柔道大会各部門の上位4名と形競技会優勝ペアは8月26日(日)大垣市武道館で開催される『柔整師杯第15回東海少年柔道選手権大会』(個人戦)と『第8回東海少年柔道形競技会』へ出場します。
 10月7日(日)講道館で開催される『第27回日整全国少年柔道大会』(団体戦)には4年生=岡煌陽くん、5年生=田中蒼人くん、坂山凛さん、6年生=藤田鉄くん、早川綾香さんの5名が三重県チームとして出場します。また、形競技優勝ペアは東海大会で3位までに入賞できれは団体チームと一緒に全国大会に出場します。

形競技会3位入賞者

柔道大会3位入賞者

  

          選手宣誓                         形競技入賞者   
  

     4年男子入賞者                     4年女子入賞者
  

     5年男子入賞者                     5年女子入賞者
  

     6年男子入賞者                     6年女子入賞者
  

2018-05-14 05:19:22

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ